上越の地元食材をメインに使用した手作り料理と地酒が自慢の居酒屋「かくれ屋 おと」

法要の流れ

法要の流れ

トップ 法要・慶事 法要とは

※宗派・寺院・神官・地域によっては内容が異なる場合がございます。

法要とは、初七日法要から始まり今後数年に一回行う儀式で法事ともいい、故人があの世で良い報いを受けられるようにと願いを込めて、供養を行う儀式です。
慌てないために段取りをしっかり行いましょう。

【主な法要と時期】

初七日忌 7日目 葬儀当日に繰り上げて行う事が多い

二七日忌 14日目 法要は行わずに、拝礼だけで済ませることが多い
三七日忌 21日目
四七日忌 28日目

五七日忌 35日目 この日を忌明けとして、僧侶、近親者などを招いて
行うケースもある
六七日忌 42日目

七七日忌 49日目 僧侶、親族、友人などを招き、寺院などで
行うケースが多い
百ヵ日忌 100日目
一周忌 1年目
三回忌 満2年目の祥月命日

七回忌 満6年目の祥月命日 七回忌以降は親族のみで行う事が多く、
ふたり以上重なる場合、合わせて行うこともある
十三回忌 満12年目の祥月命日
十七回忌 満16年目の祥月命日
二十三回忌 満22年目の祥月命日

三十三回忌 満32年目の祥月命日 一般的には三十三回忌くらいで「弔い上げ」となることが多い
三十七回忌以降は省略されることもある
五十回忌 満49年目の祥月命日

法要までの準備

日取りを決めましょう

忌明け法要(壇引き法要)は命日より数え49日目、また亡くなった翌年の同月同日に一周忌を行いますが、期日は必ずしもその日に限定する必要はありません。平日にあたる場合、直前の土日に行われる場合が一般的で、早い分には差し支えないといわれています。

まずは…

御寺院へ連絡をしましょう。僧侶を招いて、あるいは寺院等へ赴いて読経をあげてもらいます。まずは御寺院様の日程が最優先になりますので、ご都合を聞き早めに予定を組んでいただきましょう。

お斎の場所を決めましょう

読経はご自宅やお寺で行いますが、お斎に関しては場所を移し、料亭、ホテル、葬祭ホール等で行う事が多くなっております。お招きする方へのおもてなしの気持ちをこめまして会場を選び予約しましょう。

おとでは…

大小様々なお部屋、畳の和室、掘りごたつのお部屋、椅子・テーブルとタイプに合わせて会場をご用意できます。8名様以下でご利用できる小部屋もございます。
また送迎のマイクロバス(※8名様以上ご利用の場合)のご用意もございます。

掘りごたつのお部屋 畳の和室

日程が決まったら

次はどのように進めればいいの?

日程が決定した後はどのように段取りをしたらいいか?
特に初めて法要を営まれる方はどこからどのように進めていけばいいか分からない事が多いはずです。

おとでは…

引出物や座席順についてアドバイスをさせていただきます。
どうぞご安心ください。

内容を決め、準備を進めましょう

お料理の手配は?

読経の後は、会食(お斎=おとき)の席を設けて僧侶や招待客をもてなします。遠方やお忙しい中ご出席くださる皆様への感謝の気持ちを込めたおもてなしと、心のこもった供養ができるかどうかが大切です。

おとでは…

明治二十七年より続く創業百二十余年の歴史、職人がこだわりを注ぎ、丁寧にお作りしたお料理をご用意致します。
またお客様のご要望に出来るだけ沿った献立をお作りしますのでお気軽にご相談ください。
(小さいお子様のランチもございます。)

料理 料理 料理

引出物の手配は?

参列者からのご仏前のお返しとして、返礼品を準備しておきましょう。
返礼品は香典としていただいた金額の半分から3分の1くらいの品物を贈る事が基本と考えてよいでしょう。

おとでは…

引出物、お菓子などを手配させて頂きます。
カタログよりお選びください。

引出物カタログ

席次はどのように決める?

当日の座席は?どなたがどの場所に座るべきか悩まれると思います。

おとでは…

座敷形式、掘りごたつ形式、テーブル席形式(仲町店のみ)と、様々なスタイルのご要望に応じる事が出来ます。
座席順についても、当店スタッフが形式に合わせてアドバイスさせていただきます。

座敷形式

ご法要当日は

お斎の進行は?

法要が終わり会食会場に移った後、お食事の前には施主またはご家族の代表の方がお礼の挨拶をします。御寺院様にご発声をいただいた後会食が始まり1時間30分〜2時間程度が時間の目安となります。

おとでは…

当日の司会進行のお手伝いや、お席の状況に応じて施主様に都度お声を掛けさせていただきますので、ご安心ください。料亭で培った「おと」ならではのおもてなしの心で親切・丁寧にご対応させていただきます。

お布施の準備は?

僧侶への謝礼は法要後、お斎の席にてお渡しします。白封筒か奉書紙に包み、表書きは「お布施」か「御礼」と書きます。またお帰りのお車もご用意され、皆様でお見送りすることが一般的です。

おとでは…

お布施をお渡しする段取りを整え、お帰りのタクシー手配も致します。